Press

今すぐ着たい! 洗濯物を早く乾かすテクニック5つ

column1102_03
仕事や学校ですぐに着たい服がある場合や冬場や梅雨どきに洗濯物が乾かない場合など、衣類をできるだけ早く乾かしたい時ってありますよね。
そんな時はどのようにすればいいのでしょうか。

今回はすぐに洗濯物を乾かすための、便利な裏ワザテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

【1】洗濯物の水分を徹底的に取る

洗濯物を早く乾かしたいなら、洗濯の時点で水分をできるだけとっておくことが大事です。
そこでオススメしたいのが、洗濯が終わった後でもう一度脱水ボタンを押す「ダブル脱水」という方法です。

ダブル脱水が終わったら乾いたバスタオルに衣類を広げて挟み、そのバスタオルをしっかりと叩くか、上から踏んで圧力を与えましょう。
そうすることで衣類の水分がバスタオルに吸収されるため、乾きやすくなります。

ただしデリケートな衣類は脱水をし過ぎると傷んでしまうことがあるので、気を付けましょう。

【2】濡れた衣類にアイロンをかける

洗濯物を早く乾かしたいなら、洗濯の時点で水分をできるだけとっておくことが大事です。
そこでオススメしたいのが、洗濯が終わった後でもう一度脱水ボタンを押す「ダブル脱水」という方法です。

ダブル脱水が終わったら乾いたバスタオルに衣類を広げて挟み、そのバスタオルをしっかりと叩くか、上から踏んで圧力を与えましょう。
そうすることで衣類の水分がバスタオルに吸収されるため、乾きやすくなります。

ただしデリケートな衣類は脱水をし過ぎると傷んでしまうことがあるので、気を付けましょう。

【3】ドライヤーで熱を加える

乾かしたい服をハンガーに掛けたら、ドライヤーの熱風を当てて乾かしましょう。
袖の内側や洋服の内側に空気を送り込むようにすると、より乾きやすくなります。

またビニール袋とドライヤーを使った方法もあります。
まずスーパーなどのビニール袋の底の角の部分を2ヶ所小さくカットし、水分を逃がす穴を作ります。
その袋に洗濯物を入れたら、後はドライヤーで袋の中に向かって温風を送り込みましょう。

この方法ならシャツ2~3枚くらいであれば、数分熱風を吹きかけるだけでよく乾きます。

【4】部屋干しには扇風機と除湿機

column1102_04
曇りや雨の日に部屋干しをするときは、扇風機が役に立ちます。

乾かしたい洗濯物全体に扇風機の風が当たるようにすると洗濯物が早く乾くので、洗濯物は10cm程度間を離して干すのがよいでしょう。
また除湿機がある場合は、扇風機と一緒に使うことでより洗濯物が乾きやすくなります。

【5】乾燥機

洗濯物を早く乾かしたいなら、やはり乾燥機を使うのが一番です。
普段から洗濯物の量が多い場合や頻繁に着たい服がある場合は、ご家庭に乾燥機の導入を検討してみてもいいかもしれません。

また家に乾燥機が無い場合は、コインランドリーにある乾燥機を使うという手もあります。
乾燥機を使う時は、乾燥させたい洗濯物と乾いたバスタオルを一緒に入れて乾燥させましょう。

乾燥機の中でバスタオルが水分を吸収してくれるので、洗濯物がすぐに乾きますよ。

関連記事

ページ上部へ戻る