Press

ガサガサ肘を滑らかに! 肘の乾燥・黒ずみのケア方法

column1102_07
体のパーツの中でも、特に肘は乾燥しやすい部分です。

腕全体はきれいに見えても、肘を見てみると意外とカサカサだったり黒ずんでいたり、粉をふいた状態になっていることもあります。
肘には年齢が出やすいなどとも言われますが、これは一体どうしてなのでしょうか。

そこで今回は、肘の乾燥や黒ずみの原因と対処法についてお伝えします。

1. 肘の乾燥・黒ずみの原因

そもそも、なぜ肘は乾燥しやすいのでしょうか?
それは、肘にはもともと皮脂を出す「皮脂腺」や汗を出す「汗腺」が極端に少ないからだと言われています。
肘から汗が出ることはあまりないことからも、分かりやすいのではないでしょうか。

さらに、よく肘をつく姿勢をとることなどが多いため、常に刺激や負担がかかりやすい状態にあることも理由の1つです。
そして、このように反復して刺激を受ける箇所というのは、黒ずみの原因になるメラニン色素が沈着しやすい性質があります。

このため、肘は体のパーツの中でもカサカサに乾燥しやすく、黒ずみになりやすいという特徴を持つのです。

2. まずは角質を優しく落とす

肘のカサカサを解決するには、まずは硬くなった角質を落とす必要があります。
角質を落とさないまま保湿クリームなどを塗っても、なかなか浸透しないので十分な効果が発揮されません。

また、角質をいきなり硬い軽石などでこするのはNGです。
効果的に角質を落とすためには、お風呂に入ってお湯に浸かってやわらかくなったところに、洗浄料入りのスクラブなどを使って優しくマッサージするようにして落とすのがおすすめです。
1度では落ちないことが普通なので、定期的に何度か繰り返して、少しずつ角質を落としていきましょう。

3. 保湿が大切

column1102_08
角質を落としたら、次は保湿が大切です。
保湿のケア用品としては、ボディクリームよりも、顔と同じように化粧水やスキンケアクリームを使うことが効果的であることが多く、おすすめです。
お風呂から出たら、肘にも化粧水をつけて保湿をしましょう。

その上で、保湿クリームやオイルをつけてフタをして下さい。
さらに保湿したい場合はクリームを塗った後、約10分ラップしてパックをするのも良いでしょう。

4. 日常の生活習慣を予防する

カサカサ肘を予防するためには、日常の生活習慣に気をつけることも大切です。
意識していなくても、たとえば食事中やパソコンを触っているとき、スマホを操作しているとき、友人とおしゃべりしているときなどに、肘をつく習慣がある人はとても多いです。

このようなふとしたときに肘をつく習慣を止めることだけでも、その後の肘の乾燥やガサガサ肘への対策にはとても有効です。

スキンケアと生活習慣を見直して、ぜひキレイな肘を手に入れて下さいね!

関連記事

ページ上部へ戻る