Press

夏にオススメ! ボディクリームで【乾燥肌対策】

column0608_04
冬は肌が乾燥する季節ですが、夏もエアコンや紫外線の影響で肌の乾燥が進む季節です。
紫外線対策も大切ですが、そればかり気をとられていると「気づいた時には乾燥肌に…!」といった状況にもなりかねません。

夏はどのような乾燥肌ケアが必要となるのか、原因と対策をご紹介しましょう。

夏の乾燥肌の原因は?

column0608_05
夏の乾燥肌を引き起こすものの1つには、エアコンの使用です。
エアコンを使用することで室内の空気が乾燥します。
その影響により肌から分泌される皮脂が乾きやすくなり、角質層が肌の水分を保つ役割を果たせなくなるのです。
そのようなダメージを負った肌にエアコンからの風が直接あたると、肌の乾燥をより促してしまう恐れがあります。

さらに外気の暑さから汗をかいて涼しい室内に入った時にも、肌の乾燥は進みます。
室内の涼しい空気によって、汗が乾くと同時に必要な皮脂までも奪ってしまうことで肌の乾燥を促してしまうのです。

もう1つは紫外線の影響が考えられます。
紫外線のダメージを受けると細胞が不完全な状態で生み出されるようになるのです。
それにより角質層が水分を保持するという機能を十分に果たせなくなってしまうでしょう。
こういった面からも肌の乾燥は進みます。

また、夏は汗をかきシャワーを浴びる回数が増えることと思います。
1日に何度も体を洗う、ベタつくからとナイロンタオルで肌を擦ることでも、角質層を傷つけてしまうのです。

夏の乾燥肌対策は?

column0608_06
乾燥肌の原因となるものを避けることが、まずは必要になってきます。
室内をエアコンで乾燥させすぎないように加湿器を置く、ちょっとの外出でも紫外線対策をしっかりと行う、体を洗う際にはナイロンタオルではなく 手で洗うようにする、といったことを行うようにしましょう。

また入浴後や洗顔後に顔のスキンケアを行うことも大切ですが、ボディクリームで体全体をケアすることも大切です。
ボディクリームを塗るタイミングを変えることで、気になるベタつきを軽減することも可能です。

■オススメのボディクリームの塗り方
入浴後にボディクリームを塗るのではなく、浴室で塗ることをオススメします。
というのも入浴後、脱衣所に出る瞬間に外気に触れることで肌は急激に乾燥します。

その点、浴室では肌がまだ柔らかい状態であるため、ボディクリームが馴染みやすいです
湯船から上がったら、浴室で軽く体に残っている水気をバスタオルで拭い、ボディクリームを塗りましょう

そして、ボディクリームが乾くまで1分を目安に待ちます。
その後、パウダーを体に馴染ませれば肌触りもサラサラになり、ベタつきが気にならなくなるでしょう。

夏は入浴後にボディクリームを塗るとベタつきを覚える方も多いです。
顔のスキンケアも大切ですが、それだけでなく、ぜひお気に入りの香りなどが配合されたボディクリームで、体の乾燥肌対策も行ってみて下さいね。

関連記事

ページ上部へ戻る