Column

  1. ダメージヘアにつながる? 静電気と髪の毛の関係とは

    ■静電気で頭皮ダメージが起こる?もの同士がこすれ合ったり、乾燥したりすることによって発生する静電気。「乾燥した季節になると静電気のせいで髪が広がってまとまらない」という悩みを持つ方も多いことでしょう。しかし静電気の弊害はそれだけではありません。

  2. ガサガサ肘を滑らかに! 肘の乾燥・黒ずみのケア方法

    体のパーツの中でも、特に肘は乾燥しやすい部分です。腕全体はきれいに見えても、肘を見てみると意外とカサカサだったり黒ずんでいたり、粉をふいた状態になっていることもあります。肘には年齢が出やすいなどとも言われますが、これは一体どうしてなのでしょうか。

  3. 清潔寝具で美肌をキープ! 寝具とお肌の意外な関係とは

    ■その肌荒れ、じつは寝具のせい「しっかりとスキンケアをしているのに、肌荒れやニキビが頻繁に起こる」というお悩みをお持ちではありませんか?その肌荒れはもしかすると、不衛生な寝具によって引き起こされているのかもしれません。

  4. 今すぐ着たい! 洗濯物を早く乾かすテクニック5つ

    仕事や学校ですぐに着たい服がある場合や冬場や梅雨どきに洗濯物が乾かない場合など、衣類をできるだけ早く乾かしたい時ってありますよね。そんな時はどのようにすればいいのでしょうか。今回はすぐに洗濯物を乾かすための、便利な裏ワザテクニックをいくつかご紹介したいと思います。

  5. 柔軟剤で肌荒れに!? 肌ケアを考えた「柔軟剤選び」を

    汗ばむ季節になってくると、毎日の洗濯が欠かせないことと思います。洗濯に柔軟剤が必須という方も多いでしょう。しかし、毎日使っている柔軟剤がもしかしたら肌荒れの原因となっているかもしれません。

  6. ツヤ髪を作る正しいドライヤーの使い方

    髪のケアは、コンディショナーやトリートメントに頼る方法だけではありません。髪に負担をかけない乾かし方をするだけで、髪のキューティクルを守りしっかりと保護することができるのです。今回は、正しいドライヤーの使い方を紹介します。

  7. 【髪の色が抜ける原因】を突き止めよう!

    ヘアカラーをしていなくても、毛先など髪の色が抜けるお悩みを抱えている方は多くいます。いったい色が抜ける原因はどこに潜んでいるのでしょうか。髪の仕組みを知ることで、色が抜けてしまう原因もはっきりします。色が抜けるのには、どのような原因があるのかご紹介しましょう。

  8. 【パーマを長持ち】させたいなら「トリートメント」でヘアケアを

    せっかくキレイにサロンでパーマをかけてしまっても、しっかりとケアをしないとパーマが長持ちせずに落ちてしまいます。日々どのようなことに気をつければ、パーマをより長持ちさせることができるのでしょうか。パーマが長持ちしない原因パーマが長持ちしない原因は髪にあります。

  9. 高熱が危険! ヘアアイロンやコテが髪に与える影響とは…

    女性のヘアスタイリングに欠かせない、ヘアアイロンやコテ。毎日使用している人も多い便利な道具ですが、髪にはさまざまなダメージが加わっています。

  10. 夏にオススメ! ボディクリームで【乾燥肌対策】

    冬は肌が乾燥する季節ですが、夏もエアコンや紫外線の影響で肌の乾燥が進む季節です。紫外線対策も大切ですが、そればかり気をとられていると「気づいた時には乾燥肌に…!」といった状況にもなりかねません。夏はどのような乾燥肌ケアが必要となるのか、原因と対策をご紹介しましょう。

  11. 薄毛の原因になる!? 頭皮に角栓ができる理由と対策

    鼻にポツポツとした角栓ができるように、頭皮にも角栓が発生するってご存じでしたか?頭皮にも毛穴があるため、ターンオーバーが乱れたり皮脂量が増加すると角栓ができてしまうのです。

  12. 【アフターケアが重要】汗をかくメリットとデメリット

    「汗をかくと肌がベタついたり痒くなったりするから憂鬱…」と思っていませんか?しかし汗は、しっかりケアをすれば健康や代謝を促してくれるなど、さまざまなメリットがあります。

  13. 露出できる膝にするには? 膝が黒ずむ「理由」と「ケア方法」

    温かい季節はミニスカートやショートパンツなどで脚を出す機会が多いもの。しかし「膝の黒ずみが気になって生脚になれない…」という人も多いようです。

  14. なぜうねる? 髪がくせ毛になる「理由」&「直し方」

    「くせ毛やうねりで髪がまとまらない…」いつでも美しくいたい女性にとって、こんな悩みは死活問題ですよね。

  15. 夏の紫外線ダメージには「ヘアケア」が必須!

    夏の紫外線は肌だけでなく髪にまで大きなダメージを与えてしまいます。肌ケアをしっかりしていても、ヘアケアを十分に行えている方は少ないです。ダメージヘアで髪をパサついたままにしないためにも、どのようなヘアケアがオススメなのかご紹介します。

ページ上部へ戻る